ご挨拶

 

「君は日本人だろ?日本のバレエ界の事をどう思っているのだ?」

 

これは、私がミラノスカラ座のカンパニー公演「こうもり」に出演していたとき、

ローラン・プティ氏からかけられた言葉です。この言葉が、今の活動の原点であり、

活力に繋がっていると言っても過言ではありません。

 

2011年、ローラン・プティ氏の訃報が届き、大きなショックと共に、彼のこのメッセージが鮮明に蘇り、ダンサーとして海外で活動を続けながら、「世界のバレエ界」「日本のバレエ界」について考えるようになりました。

そして、大きな決意を抱いて2013年に帰国。

バレエ教室の運営とバレエの普及活動を始めました。

 

ボランティア活動や地域活動を経験するうちに、日本においてのバレエや芸術の位置づけが海外と違うということも知ることになりましたが、同時にこのような活動を通じて、日本でも海外と同じようにバレエや芸術をもっと広められると確信しました。

 

日本において、バレエや芸術を広めることは容易ではないでしょう。しかし、多くの賛同や協力者の皆様がいれば、それは必ず現実のものになると信じています。

 

Kobe International Art はそんな想いの集まる団体です。色々な垣根を乗り越え、バレエや芸術を親しみやすく身近に感じていただけるよう、全力で活動してまいります。

 

Kobe International Art 代表

瀬戸口 高史


Contact

メモ: * は入力必須項目です